肌荒れを理由としてピルを再開しても大丈夫?

2019年12月26日

ピルは避妊目的や生理などの女性機能の回復のためといったような目的で処方されることが主ですが、これは女性ホルモンを原料とするホルモン剤であるため、そうした効果のほかにもさまざまな副次的効果を期待できるものでもあります。
特にピルを服用したことがある人が「効果」として実感することが多いのが肌荒れの改善です。
ニキビをはじめとしたさまざまな肌荒れ、肌トラブルは時折、男性ホルモンの分泌量が優位になってしまっていることで生じることがあります。
ですが男性ホルモンが多くなっているのであれば、その分の女性ホルモンをピルで追加してやれば肌荒れは改善できるということにもなるのです。

ただしかし、一度ピルの服用を中断した人が、この肌荒れ改善の目的の為だけにピルの服用を再開しても良いのかと言われると判断には少々慎重になるべきです。
確かにピルには副次的に肌荒れの改善効果が見込めますが、それはあくまでも副次的な効果でしかありません。
現在処方されているピルはかなり安全なものになっているとはいえ、ホルモンバランスを変化させる効果があるという基本のところは変わりません。
ホルモンバランスの変化は人の体にさまざまな影響を与えますから、肌荒れのように「別の方法でも改善できる」というような症状を目的としてだけ再開させるのはそれなりにリスクが伴うのです。
もちろん「肌荒れの為にピルを処方してはならない」というような法律があるわけではありませんから最終的な判断はそれぞれの人によりますが、あくまでも本来の目的は避妊や、女性機能の回復に使用するというところにあります。
別の目的だけで再開をするとなるとリスクがあるということはしっかりと理解し、必ず専門医に相談をしてから決断するようにしてください。

記事一覧
肌荒れを理由としてピルを再開しても大丈夫?

ピルは避妊目的や生理などの女性機能の回復のためといったような目的で処方されることが主ですが、これは女性ホルモンを原料とするホルモン剤であるため、そうした効果のほかにもさまざまな副次的効果を期待できるものでもあります。特にピルを服用したことがある人が「効果」として実感することが多いのが肌荒れの改善です

2019年12月26日
ピルの金額と子宮筋腫に対する影響

ピルと呼ばれる薬がありますが、日本では主に経口避妊薬として知られているものです。しかし、実際には避妊用としてだけでなく、婦人科系の疾患の治療にも用いられている薬です。避妊用として利用されるピルは、低用量と呼ばれるタイプのものが主流です。女性ホルモンの量を調整することで、避妊ができるという仕組みになっ

2019年11月26日
セックスの際にピルを使用するならオンライン処方で

まだ妊娠する予定がない方は、ピルやコンドームなどの避妊具を使用することが多いでしょう。どれも100%避妊できるわけではありませんが、使用することで妊娠する確率を大幅に下げることが可能です。そのため、最近のカップルはセックスの際にピルやコンドームを使用することが非常に多くなりました。ただ、こうしたピル

2019年10月23日
ピルなどの処方薬を勝手にやめた人が救急搬送

体に異常を感じた場合、まずは病院へ足を運びます。そこで医師による診察を受け、風邪などの病気と診断されることとなります。こうした診療というのは、専門的な知識を持っている医療従事者にしかできないのです。ですから、そうした医師が処方してくれた薬剤についても、医師の指示した通りに服用していく必要があるのです

2019年09月22日
ニキビ改善の為ピルをバレずに購入できる?

スキンケアを見直したり、野菜やフルーツを多く食べる、睡眠もしっかりとるとライフスタイルを見直しても、どうしてもニキビが治らないというケースも少なくありません。このように、色々と改善してみたけれど、治らないという場合、もしかしたら女性ホルモンのバランスが崩れている恐れがあります。女性の場合、卵胞ホルモ

2019年08月23日
ピルの主成分とは

女性の体内では、脳の指令を受けて卵巣から女性ホルモンが分泌され、一定周期で排卵が起こることで妊娠可能な状態を保っています。この女性ホルモンの作用を利用して妊娠を防ぐことができるのが「ピル」です。ピルを服用することで女性ホルモンを体外から取り入れると、女性ホルモンが脳に働きかけすでにホルモンが分泌され

2019年08月07日
ピルで一番高いものは?

ピルの利用が増えてきている中で、どの病院であれば処方してもらう時に安くなるのだろうかと調べている女性も少なくありません。それは日本で利用するピルが高いという事の表れでもあります。一般的には病院で処方される場合、一か月分の1シートの価格としては2~3000円前後の病院が殆どです。これを高いか安いかと考

2019年07月20日