薬を飲む女性
色々な薬
嬉しく笑う女性

ピルには高い効果がある経避妊薬であることは良く知られています。
しかし、効果があるのは避妊だけではなく女性にとっては嬉しいメリットがあることをご存知ですか。
ピルのメリットについて説明していきますので、上手く使いこなして自分の悩みを解消をしましょう。

現在、避妊薬として使われているのは低用量ピルと呼ばれているもので、100%近い避妊効果があるといわれています。
副作用が心配な女性もいらっしゃるとかもしれませんが副作用があるといわれていたのは、高用量ピルという種類のものです。
ピルの成分はもともと体の中にある卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれていますが、成分の量を調節してある低用量には副作用は少ないといわれています。
月経痛や出血量の多さに悩んでいる女性は多いですが低用量ピルを服用することで、出血量が減少して子宮の収縮が弱まるので痛みが軽くなります。

月経不順がある方は服用することで月経の周期が整うようになります。
生理の予定日を変更することも可能ですから、旅行などのイベントがある時には便利です。
また、子宮内膜症を予防する効果があり、既に症状がある方には進行を止めると考えられています。

生理前におきるイライラや憂うつな気分はPMS(月経前症候群)と呼ばれているもので、多くの女性の悩みです。
これは生理前の女性ホルモンの減少によって起きる症状で、ピルに含まれている女性ホルモンがバランスを整えて症状を改善して行きます。
女性ホルモンの乱れで起きる更年期障害の症状を和らげる薬としても使用されたり、骨粗鬆症の予防効果もあります。
また生理前のニキビに悩んでいる方もホルモンバランスの乱れが原因ですから服用することで改善されていきます。
低用量ピルには病気予防の効果があり、子宮体がんや卵巣がんの、不妊に繋がる病気の予防します。
このように避妊だけでなく多くのメリットがありますので、使いこなして効果を得たいものです。